広島三次ワイナリー

SNSフォローボタン

広島っぷをフォローする

mw-top

スポンサーリンク

広島三次ワイナリーとは?

広島県一の葡萄産地、三次市。その恵まれた土壌から自然発生的にワイン造りを営んできた三次ワイナリーは1994年創業の比較的新しいワイナリーです。歴史は浅いものの、そのこだわりの姿勢と確かな製品づくりは多くのワイン愛好家に愛されており、今日まで発展し続けることができています。

2007年より自社園、専用圃場を確保し、念願の自社ブランド「TOMOÉシリーズ」の発売にたどり着きました。その実力はコンクールにおいて数々の賞を勝ち取り、今や県内のみならず全国でTOMOÉワインの愛好家が増えてきています。

そんな広島三次ワイナリーこだわりの葡萄作りから製品化に至るまで、その魅力をたっぷりとお伝えします。

mw-top2

TOMOÉ シリーズ

三次市には3本の川(可愛川・馬洗川・西城川)が流れており、秋になると昼夜の気温差が大きくなることから霧が多く発生します。その深い霧は、毎年10月になると「霧の海開き」が行われるほど有名な情景で、ここは古くから「霧の街」として有名です。その清らかな川から発生する濃い霧はいい葡萄を育て、その葡萄は情熱的な醸造家によって最高のワインとなります。

こうした自然と人の関わり合いの中で究極のワイン「TOMOÉ」が作り出されました。三次の気候や風土の特徴を最大限に引き出し、そこへ醸造家の豊かな感情を余すことなく注ぎ込んだ個性豊かなワイン、それが「TOMOÉ」なのです。

広島三次ワイナリーが贈る、「日本一」のワインをどうぞお楽しみください。

mw-tomoe

photo by 広島三次ワイナリー(こだわり抜いた個性が光るTOMOÉシリーズ)

TOMOÉ 醸造家~太田直幸~

三次ワイナリーの醸造を取り仕切る太田直幸氏のワイン造りへの道は、1997年にニュージーランドの葡萄農場に身を置いたことから始まります。ニュージーランドで出会ったワインに魅了された太田氏はリンカーン大学でワインについて専門的に学び、帰国後、三次ワイナリーで働き始めました。

それまでの三次ワインは良くも悪くも「おみやげワイン」という位置づけで製造されてきました。太田氏はニュージーランドで培った技術と経験をもとに、三次ワインのブランド化に力を注ぎます。

「葡萄の品質でワインの品質が決まる」

太田氏は、この当たり前ともいえるワインの常識を徹底させました。まさに原点回帰の思想のもと、葡萄の収穫時期や味の見極め、その一連の工程の中で理想のワインに近づけていきました。そしてそこへ作り手の感性や表現力を加えることでブランドを確立していきます。

そんなたゆまぬ努力の末、2008年、ついに「TOMOÉ」が産声を上げることになったのです。そして、「TOMOÉデラウェア2013」が国産ワインコンクールで銅賞・最高部門賞を受賞します。その後も数々のコンクールで受賞を重ねていき、三次ワインのイメージも大きく変わっていきました。

そして究極の国産ワインへの旅は続いていきます。

TOMOÉ ぶどう畑~自然との対話~

葡萄の育成には土壌と気候が大きく関係します。

TOMOÉに使われる葡萄畑は標高350mの高台にあります。山間部を切り開いた畑には日の出から日の入りまで常時日光が当たり、葡萄は一気に栄養分を作り出します。冷え込む夜には、その栄養分をしっかりと蓄えようとします。三次市は「霧の街」と呼ばれるように、秋になると昼夜の寒暖差が非常に大きくなります。このことは葡萄の育成に向いており、大きな影響を与えます。そのため、たっぷりの栄養分が少しずつ熟していき、糖度の高い葡萄が出来上がります。

作り手たちは常に畑で、この恵まれた自然環境と向き合い、日々の観察と手入れを欠かしません。毎日の小さな積み重ねこそ、ワインにとっては最も大切な「工程」となるのです。

ワインの味は葡萄の味で決まる。作り手たちの日々の努力によって、はじめて美味しいワインが出来上がるのです。

mw-hatake

photo by ワインと食文化(三次ワイナリーの葡萄畑)

TOMOÉ の赤ワイン~ラインナップ~

TOMOÉ マスカット・ベーリーA

品名 TOMOÉマスカット・ベーリーA
容量 ライトボディ(赤)750ml
アルコール分 12%
価格 1,500円(税抜)

国産品種が三次で花開く華やかでピュアなライトボディ。

鮮やかなルビー色に、チェリーやラズベリーを思わせるフルーティなアロマ。
国産品種「マスカット・ベーリーA」が持つ果実の瑞々しさを残し、華やかさと繊細さを表現しました。
ステンレスタンク低温発酵、マロラクティック発酵。
フレッシュな酸味とわずかな渋みを醸し出し、きわめてピュアで女性的な印象。
飲み手を心酔させるストラクチャーが魅力です。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ メルロー

品名 TOMOÉメルロー
容量 ミディアム・フルボディ(赤)750ml
アルコール分 12.5%
価格 2,500円(税抜)

タンニンと果実味が織り成す上品でインパクトある本格派。
樽熟成によるバニラ香と豊満な果実味をバランスよく融合させた1本。
メルロー100%使用、低温マセラシオン、醸し発酵、タンクMLF(乳酸菌)発酵。
さらに、フレンチオークで約18ヶ月間熟成させました。
やわらかいタンニンで、重々しさはなく、上品で丸みのある口当たり。
凝縮感が強く、綿密な構成の本格ミディアム・古ボディタイプです。

広島三次ワイナリーより引用

 TOMOÉ 小公子

品名 TOMOÉ小公子
容量 フルボディ(赤)750ml
アルコール分 11%
価格 3,800円(税抜)

山ブドウのエナジーを感じる野性的なニュアンス。
日本のワイナリーで注目されているブドウ品種「小公子」を使用した個性はワイン。
山ブドウを祖とし、ヨーロッパ系品種とは違う豊かな果実味と酸味を楽しめます。
熟成によりタンニンが柔らかくまとまり、それでいてパワフルで男性的な骨格を形成。
野性的なニュアンスを感じられる1本です。
醸し発酵、ステンレス醸造。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ 小公子 マスカット・ベーリーA

品名 TOMOÉ小公子 マスカット・ベーリーA
容量 ミディアムボディ(赤)750ml
アルコール分 12.5%
価格 2,700円(税抜)

ワイルドかつフルーティ、ジャパンブレンドの真骨頂。
日本古来の山ブドウを祖とする「小公子」を主体に、国内改良品種「マスカット・ベーリーA」を少量ブレンドして仕上げた、日本ブドウによる純・日本ワインです。
小公子の野性的な香りと味わいに、フルーティさが加わりゴージャスなテクスチャーを実現。
フレンチオーク樽で約18ヶ月間熟成。
渋みが少なく、酸味と旨みの絶妙なバランスを楽しめます。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ シラー

品名 TOMOÉシラー
容量 ミディアム・フルボディ(赤) 750ml
アルコール分 12.0%
価格 2,500円(税抜)

荒々しく奥行きのある表情、男性的なストラクチャー。
寺社農園で栽培した「シラー」を使用。
新樽・古樽の両方で約12ヶ月間熟成し、バランスよく調合しました。
樽由来のピリッとしたスパイシーさが口の中で広がり、野性味あふれる性格に。
男性的な荒々しさの中に、温かみのあるタンニンが存在し、奥行きのある表現を醸し出します。
味の濃い料理に負けないほどのパワフルなボディが食欲を刺激する1本です。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ ピノ・ノワール

品名 TOMOÉピノ・ノワール
容量 ミディアム・ライトボディ(赤)720ml
アルコール分 12.5%
価格 2,500円(税抜)

心を惑わす妖艶なルビー色。
繊細で美しいピノの世界。
三次で育った「ピノ・ノワール」の色付きは国内でもトップクラス。
グラスに注がれたときの美しいルビー色はまるで宝石のよう。
キレイな酸味となめらかなタンニンが共存し、口に含むたび心地良い余韻が続きます。
繊細なブドウを一粒一粒手作業で選別し、丁寧に醸造したミディアム・ライトボディ。
三次ワイナリーの未来を担う期待の新星です。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ の白ワイン~ラインナップ~

TOMOÉ デラウェア

品名 TOMOÉデラウェア
容量 やや辛口(白)750ml
アルコール分 12.5%
価格 1,500円(税抜)

凛とした佇まいを見せるフレッシュでトロピカルな香り。
白桃、洋ナシ、グレープフルーツなど、トロピカルな香りに、甘みを感じさせる口当たり。
ジューシーでイキイキとした味わいが魅力の白ワインです。
酸味を抑えるため、ブドウを通常よりも少し遅らせて収穫し、直接圧搾法で醸造。
軽やかながらも凛とした佇まいは、クセがなく日本人好み。
ライトな喉越しなので、食中酒としても楽しめる1本です。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ シャルドネクリスプ

品名 TOMOÉシャルドネクリスプ
容量 辛口(白)720ml
アルコール分 13.5%
価格 1,500円(税抜)

大地を思わせるミネラル感と爽やかな香りのハーモニー。
バナナやパイナップルなどのトロピカルなアロマに、フレッシュな酸味が魅力。
「クリスプ」はワイン用語で、爽やかという意味を表します。
大地を思わせるナチュラルな質感とミネラル感があり、クリアな印象。
収穫段階で圃場を選別し、発酵の際、ブドウの状態に合わせた酵母を使用。
ステンレスタンク発酵。
軽やかでさっぱりとした飲み口に仕立てました。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ シャルドネリザーブ

品名 TOMOÉシャルドネリザーブ
容量 辛口(白)720ml
アルコール分 13%
価格 2,000円(税抜)

樽熟成による陰影と立体感がモダンでリッチな気分を演出。
樽熟成によってもたらされた穏やかさと濃縮感を保ちつつ、すっきりとした後味を堪能できるエレガントな身上。
ワイン全体に陰影を造り、立体感のある1本に仕上げました。
ステンレス発酵、MLF(乳酸菌)発酵。
さらに、樽で1年間、瓶内で数ヵ月熟成させました。
チェコレートやココナッツを思わせる樽香が、モダンでリッチな味わいを演出します。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ 三次ブラン

品名 TOMOÉ三次ブラン
容量 やや辛口(白)720ml
アルコール分 12%
価格 1,800円(税抜)

4種のブランをブレンドしエキゾチックな世界へ誘う。
キングデラをベースに、セミヨン、デラウェア、シャルドネをブレンドしたエキゾチックな白ワイン。
マスカット系の華やかな香り、若々しくフレッシュなアタック、爽快感と程よいキレ、後味にグレープフルーツを思わせるようなほろ苦さ…。
4種の個性が調和され美しいハーモニーを奏でます。
1本で何通りもの味わいと香りに変化する、ワイン界のカメレオン。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ シャルドネステンレス発酵

品名 TOMOÉシャルドネステンレス発酵
容量 辛口(白)720ml
アルコール分 12%
価格 2,000円(税抜)

ブドウの瑞々しさをそのままに爽快感あるシャープな味わい。
良質なシャルドネのみで造られたフレッシュな1本。
伸びやかで爽快感のある柑橘系の香りに、ブドウ本来の瑞々しさとミネラル感を際立たせました。
シャープな酸味に加え、すっきりとなめらかな喉越しを楽しめます。
豊かな自然の中で育ったブドウの鮮度をそのままに、ステンレスタンクのみで醸造。
飲みやすさはTOMOÉシリーズでもトップクラス。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ シャルドネ新月

品名 TOMOÉシャルドネ新月
容量 辛口(白)720ml
アルコール分 12%
価格 5,000円(税抜)

ナイト・ハーベストが力強さとエレガンスさを奏でる。
「白ブドウの女王」と呼ばれるシャルドネを厳選し、糖度が上がる深夜に一つひとつ丁寧に手摘み(ナイト・ハーベスト)。
果実が冷え切っている真夜中にブドウを摘むことでフレッシュな香りと濃厚な果実味を最大限に引き出しました。
樽発酵、樽MLF(乳酸菌)発酵、シュール・リー法で醸造。
樽本来の複雑味と重厚感があり、エレガントなボディが魅力です。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ セミヨン

品名 TOMOÉセミヨン
容量 容量/辛口(白) 750ml
アルコール分 13.0%
価格 1,800円(税抜)

軽快でライトなスタイル、華々しさを全面に表現。
日本でも数少ない品種「セミヨン」で、穏やかな酸味とフレッシュな果実味を楽しめる1本に仕上げました。
ステンレスタンクで約6ヶ月間熟成。
トロピカルフルーツや柑橘系の爽やかさと華やかさを全面に表現した軽快さが特徴です。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ セミヨン バレルセレクション

品名 TOMOÉセミヨン バレルセレクション
容量 辛口(白) 750ml
アルコール分 13.5%
価格 2,000円(税抜)

スモーキーな樽香の余韻、力強いファーストアタック。
貴腐ワインの原料として知られる希少価値の高い「セミヨン」を100%使用。
新樽・古樽で約12ヶ月間熟成させた後、1:1の割合でブレンド。
スモーキーかつスパイシーなブーケに加え、ラノリン(羊毛脂)やブラックオリーブなどの香りが合わさり、複雑性のある仕立てに。
力強いファーストインパクトと重厚感のあるボディが特徴の個性派タイプです。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ ロゼ~ラインナップ~

TOMOÉ マスカット・ベーリーA ブラッシュ

品名 TOMOÉマスカット・ベーリーA ブラッシュ
容量 やや甘口(ロゼ)720ml
アルコール分 12%
価格 1,500円(税抜)

甘酸っぱくフルーティな桜色、ロマンティックな初恋物語。
桜色が愛らしいロゼワイン。
新鮮な木イチゴやピーチを思わせるアロマは、甘酸っぱい初恋のよう。
赤ワイン用の黒ブドウを白ワインと同じ方法で醸造し、最後にブドウの果汁を添加して甘口に仕上げました。
ピュアな酸味と豊満な果実味のバランスが良く、後味もすっきり。
飲む度に頬を赤らめてしまいそうなほど、ロマンティックな味わいです。

広島三次ワイナリーより引用

TOMOÉ メルローロゼ

品名 TOMOÉメルローロゼ
容量 やや辛口(ロゼ)750ml
アルコール分 13.5%
価格 2,000円(税抜)

綺麗なワインには刺がある、内に秘めるタンニンの存在感。
メルローの妹分的存在のロゼワイン。
甘いアロマと夕陽を思わせる淡いオレンジ色にうっとりしてしまいます。
赤ワインと同様の手順で果汁と皮を一緒に漬け込み、色やタンニンを抽出するセニエ法を採用。
一見豪華に見えながらも、内側にあるのはキリッとした酸味とほのかなタンニン。
芯の強い女性をイメージさせる味わいが飲み手を翻弄します。

広島三次ワイナリーより引用

三次ワイナリーを訪ねてみよう

広島三次ワイナリーでは、ワインの製造販売だけではなく、レジャーとして楽しめる場所となっています。週末になるとファミリーやカップルで賑わっており、ひとつのエンターテイメント・スペースとして親しまれています。

しっかり食べて、しっかり遊んで、カフェあり試飲コーナーあり。そしてお気に入りのワインをゲットして。大満足の一日を演出してくれます。

バーベキューガーデン

自慢の広島和牛を堪能できるバーベキューガーデン。7種類のコースメニューに加え、単品で追加も可能です。広島和牛のリブロースや特選広島和牛カルビなど、広島和牛をたっぷりと満喫できる充実の内容となっています。また、お子様ランチやシーフードもあるので、お肉が苦手な人や小さなお子様でも気兼ねなく利用できます。

各コースにはワイナリーならではのグラスワインが付いています。飲み足りない!という方には単品で注文も可能です。

mw-bbq

photo by menamomi.net(広い芝生広場でBBQ!)

Cafe Vine(カフェ ヴァイン)

ここでは、地元三次で獲れた野菜やフルーツを使ったメニューが楽しめます。オススメはワイナリーならではのソフトクリーム!白ブドウやピオーネを使ったソフトクリームは絶品中の絶品!並んで待っていると、購入したお客さんの「わあ!美味しい!」という声が必ず聞こえてきます。一日で2,000個以上も売り上げるという人気メニューです。

その他手作りハンバーグや広島和牛カレーなどのランチメニューもあります。

mw-soft

photo by KAUMO(ワイナリーならではの特性ソフトクリーム)

ワインショップ

広島三次ワイナリーが取り扱う全てのワインが揃っています。色とりどり、フロア一杯に並んだワインを見ているだけでワクワクします。種類もたくさんあるので、思わずどれにしようか目移りしてしまいます。そんな時はこちら、ここでは試飲コーナーが充実しているんです。

三次のデイリーワインからブランドTOMOÉシリーズまで、その時々で美味しいものをチョイスされており、雰囲気満点の樽から専用カップに注いでいただけます。美味しすぎて、思わず色んな種類を飲んで、顔が真っ赤なんて人も見かけます。お気に入りが見つかったら、そのままレジで購入できるので、ちゃんと自分に合った1本をゲットできますよ。

また、こちらでは三次の特産品や世界のチーズ、スモークなども販売しています。ワインに合うおつまみもご一緒にどうぞ。

mw-shop

photo by 4travel.jp(試飲コーナーが充実したワインショップの風景)

自由に見学できるワイン貯蔵庫

ここ広島三次ワイナリーでは、ワインの貯蔵庫を自由に見学することができます。施設の下で静かに時を待つ木樽が整然と並ぶ姿は思わず異国に来たような気持になります。

ここは、室温をワインの熟成に最適とされている14度に設定しています。しっかり育て上げられた葡萄、作り手の感性を込めた醸造、そして万全の管理で熟成されていくワイン。この樽に眠る美味しいワインは、もしかするとあなたの食卓に並ぶワインかも知れません。

mw-stock

photo by 広島三次ワイナリー(貯蔵庫で静かに時を待つワインたち)

利用案内/アクセス情報

広島三次ワイナリー

所在地

  • 広島県三次市東酒屋町445番地の3
  • 0824-64-0200

営業時間

  • バーベキューガーデン: 11:00~18:00
  • Cafe Vine: 7:30~18:00
  • ワインショップ: 9:30~18:00

定休日

  • 年末年始: 12/29~翌1/1
  • 1~3月: 第2水曜日

アクセス(自家用車)

  • 広島方面から:
    中国自動車道三次ICから約3分
  • 松江・尾道方面から:
    中国横断自動車道尾道松江線 → 三次東JCT・IC(広島方面) → 中国自動車道三次ICから約3分
  • JR三次駅から:
    一般道を約6分(路線バスの運行コース)

アクセス(バス)

  • 敷名線 廻神経由 敷名方面行きで約6分

スポンサーリンク

この記事をシェアする

広島っぷをフォローする