ひろしま美術館

SNSフォローボタン

広島っぷをフォローする

hiroshimamuseum-top

スポンサーリンク

ひろしま美術館の歴史

ひろしま美術館は、1978年(昭和53年)、この年、創業100周年を迎えた広島県に本店を構える地方銀行「広島銀行」により設立されました。美術館のテーマを「愛と安らぎのために」とし、被爆地からの復興において市民が追い求めた心の喜び、現在のヒロシマの礎となった被爆者の願いをここに具現化することで、亡くなった方々への鎮魂の祈りとしています。以来、広島県民に心穏やかなるひと時を提供し続けています。

展示について

ひろしま美術館では、所蔵しているコレクションを通年展示している「コレクション展」と、その時々の企画により貸し出しを受けて開催する「特別展」の2つがあります。展示内容はその時々で違いますので、ご自身の興味ある展示スケジュールを確認しながら来館されるとよいかと思います。

コレクション展

ひろしま美術館では、印象派を中心としたフランス近代美術と日本近代美術のコレクションを約300点所蔵しています。コレクション展では、これらの作品を入れ替えながら通年展示しています。ルノワールの「パリスの審判」、ゴーギャンの「ブルターニュの少年の水浴」、マネの「灰色の羽根帽子の婦人」など有名な作品を多数所蔵しています。

特別展

特別展では絵画にまつわる様々な企画をもとに展示されています。例えば、作家の川端康成が愛した秘蔵コレクションを展示したり、長谷川町子(サザエさんの原作者)を特集したりと、期間限定でいろいろな企画を楽しめるようになっています。期間によって内容は変わりますので、スケジュールをご確認いただき、ご来館ください。

ゴッホ作「ドービニーの庭」

photo by ちわわ一家の 食べ歩る記・飲み歩る記(ゴッホ作「ドービニーの庭」)

 イベントについて

ひろしま美術館では、作品展示のほかに色々なイベント企画しています。常設のイベントから不定期で行われる特別イベントまで、美術を含む芸術をわかりやすく身近なものとして親しめるよう企画されています。トークやコンサート、講座を受けることができるものもあります。

ミュージアムトーク

毎月テーマを設けて学芸員がスライドを用いながらお話します。所蔵作品の話から美術の歴史まで、幅広い話が聞けるイベントです。

開催日: 毎月第2土曜日 11:00~12:00

参加費: 無料(但し入館券は必要です)

ミュージアムコンサート

広島の音楽演奏家の方々に発表の場を提供すること、美術館に親しんで頂くことを目的に、毎月定例のコンサートを行っています。

開催日: 毎月第2土曜日 14:00~15:00

参加費: 無料(但し入館券は必要です)

その他の不定期イベント

その他、様々なイベントがひろしま美術館主催で行われています。ぜひ、イベントスケジュールを確認して、気になるイベントに参加してみてください。

 施設案内

自然に囲まれた美しいロケーション

ひろしま美術館は、平和公園と広島城跡の中間にあり、全て徒歩圏内にあります。この周辺は広島市の中心部でありながら自然を主とした公園が広がっており、中でもひろしま美術館敷地内の庭はとても美しく、整備された庭は四季を通じて違った趣を楽しめます。絵画といっしょに庭を楽しむのもまた良しです。

春にはマロニエ、夏にはサツキ、秋にはモミジ、そして冬の雪景色、季節ごとに変化する庭を眺めながら、その時々の展示品を楽しんでみてください。

美しい庭も一つの魅力になっています

photo by Mapio.net(美しい庭も一つの魅力になっています)

ひろしま美術館ミュージアムショップ

ひろしま美術館ミュージアムショップでは、所蔵作品をモチーフにしたオリジナルグッズやカタログ、特別展に関連した期間限定グッズなどを販売しています。特に複製された名画は人気が高く、自宅や職場のアクセントに喜ばれています。あなたもお部屋に飾る一枚を探してみてはいかがでしょうか。

家に飾りたいものがたくさん見つかります

photo by ひろしま美術館(家に飾りたいものがたくさん見つかります)

カフェ・ジャルダン

「ジャルダン」とはフランス語で「庭」の意味。四季折々の自然が楽しめる美しい中庭を眺めながら、アンデルセン(広島に本社を置く製パン会社)の美味しいパンを中心としたランチがいただけます。パン好きにはたまらないメニューで、ランチに通うOLさんも多いとか。ティータイムにはジノリやヘレンドなどのカップが使われています。

人気のシャルダンプレート

photo by はじめましての、ねこぶろぐ(人気のシャルダンプレート)

その他の情報

メンバーズ制度

ひろしま美術館では、メンバー制度を設けており様々な角度から美術に触れ合える機会を提供しております。いずれも芸術・美術に接しやすいようになっておりますので、どうぞ活用してみてください。

メンバー制度は以下の4つとなっております。

<メープルサロン>
年額7,000円(期間により異なります)
メープルサロンは、女性の方のみを対象にした「女性」のための当館の「友の会」で、1980年5月に設立されました。ひろしま美術館の活動に協力するとともに、美術鑑賞や普及をはかり、会員相互の親睦を深め、広く美術文化の発展に寄与することを目的とした会員組織です。芸術を愛し、芸術に親しもうとお思いの女性の皆様のご入会を心より歓迎いたします。
(引用:ひろしま美術館

<一般フリーパス(マロニエカード)>
年会費5,000円(税込)
本カードをご提示いただければ、ご本人さまとお連れ様2名の計3名様まで、コレクション展、特別展問わず、いつでもご入館いただける大変便利でお得なカードです。
(引用:ひろしま美術館

<学生用フリーパス(Student Pass ひろしま)>
年会費2,000円(税込)
ひろしま美術館では、学生の皆さんによりいっそう美術館を利用していただけるようにと学生用年間フリーパスを発行しております。会員証を受付でご提示いただければ1年間、コレクション展、特別展問わず、いつでも何回でもご覧いただけるという大変お得なフリーパスです。お申込み当日からご利用いただけます。
(引用:ひろしま美術館

<キャンパスメンバーズ>
メンバーとなった学校の学生や教職員の皆様には、学生証または職員証の提示により、ひろしま美術館の常設展・特別展をメンバー期間中、 無料で何度もご観覧いただけます。
(引用:ひろしま美術館

マスコット

ひろしま美術館にはゆるキャラ(マスコット)がいます。その名も「ゴッホくん」。何ともストレートなネーミングですが(笑)、広島県民でもなかなか見かけることの無いこのキャラクター。何かのイベントで見つけたら、それはそれでとてもレアかも知れません(笑)

サンフレッチェの試合会場に現れたゴッホくん

photo by わくわくみんとらんど

利用案内/アクセス情報

ひろしま美術館

所在地

  • 〒730-0011
    広島県広島市中区基町3-2
    中央公園内(リーガロイヤルホテル北側)
  • 082-223-2530

営業時間

  • 9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

  • 毎週月曜日(祝日を除く)及び年末年始

入館料

  • 大人 1,200円(団体 1,000円)
  • 高・大学生 900円(団体 700円)
  • 小・中学生 500円(団体 300円)

アクセス

  • 路面電車の場合:
    「紙屋町東」で下車、徒歩300m。
  • バスの場合:
    「広島バスセンター」で下車、徒歩300m。
  • 自家用車の場合:
    専用駐車場はございませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

広島っぷをフォローする