被爆電車

SNSフォローボタン

広島っぷをフォローする

hibaku-top

被爆電車とは、1945年8月6日の原子爆弾投下により被爆した、広島電鉄650系の路面電車のことをいいます。この被爆電車の中で651号車と652号車の2輌が、現役として広島市内を走っています。広島市民はこの電車を非常に愛しており、そこにまつわる数々の話を聞いて育ってきました。ここでは、その被爆電車についてご紹介します。

スポンサーリンク

被爆電車の歴史

被爆した650系電車は、1942年に651~655号までの全5輌が製造されました。当時、エアブレーキを搭載した本車輌は近代的な乗り物として多くの市民に利用されていました。通勤で利用する人々、遠方へ出かけるためワクワクしながら最新式の電車を楽しむ子供たち、そこには戦時下ながら人々の普通の暮らしがありました。

1945年8月6日午前8時15分、この5輌はいつも通り広島市内各所を走っていました。そして突然空から降ってきた原子爆弾により、ヒロシマの街とともに止まってしまったのです。電車は走っていた場所により被害は異なり、その後の運命を分けてしまいました。

次に示すのは、各車輌の被害状況です。

  • 651号 一部火災(爆心地より700m南側を走行中)
  • 652号 一部損壊(広島港付近を走行中)
  • 653号 全壊(爆心地より約3km南を走行中)
  • 654号 全壊(爆心地より約3km南を走行中)
  • 655号 全焼(広島駅付近に停車中)

戦後、これらの車輌は広島電鉄による懸命な復旧作業により、651~654号までは原型をとどめた姿で通常運行へ復帰できましたが、655号については被害があまりにも大きく、大きく姿を変えて1948年に再運行されました。その後655号は、運行中の事故により再度大きな被害を受け、やむなく廃車となっており、その悲痛な運命に涙を流す人々がいたといいます。

残る4輌はその後も問題なく運行されていましたが、交通事情による車輌性能の見極めにより、2006年、653号と654号の引退が決定します。しかし、651号と652号については、ヒロシマ復興の象徴として現役を引退させず、今なお、当時と変わらない姿で人々を乗せ続けています。

Photo by Wikipedia(被爆から3日後の651号)

651号と652号

現在も運行している被爆電車651号と652号は、平日の朝、実際に乗車することが可能です。ルートは、1号線、3号線、5号線となっています。あの時と同じ、通勤の人々を運び続けています。この被爆電車に乗車してみたい方は、広島電鉄WEBサイトにて時刻を確認してみてください。


 ポイント  左上のメニューより停車駅名を確認できます

653号と654号

653号は引退後も除籍はされず、被爆当時と同じ青色に塗装され平和活動の一環として夏の期間だけ特別運行で使用される形で残っています。特別運行期間は原爆にまつわる様々なイベントが行われ、人々に戦争の恐ろしさを無言の語り部となって伝え続けています。

654号は引退後に除籍され、広島市に贈られました。現在は「広島市交通科学館」に展示されており、実際に触れてみることができます。

広島市交通科学館
乗り物と交通をテーマにしたミュージアム 広島市交通科学館は、1995年に建設された広島市立の登録博物館です。4階建てのミュージアムと広...

被爆電車の話

語り継がれる奇跡の物語

被爆した当時、広島は壊滅的な被害を受け、文字通り何も無い世界が広がる焼け野原でした。全てが破壊されたのではなく、全てが一瞬にして消し去られたのです。多くの人が死に、そこにあった文化や文明の跡も、あとかたなく消し去られました。

がれきが散在し、未だ燃え広がる火災に包まれた街の中、人々は奇跡の光景を目にします。遠くから近づくあの聞こえなれた音。近づくその音の正体はやがて目の前に現れます。それは全てを失ったヒロシマの街を走る1輌の路面電車だったのです。原爆投下からわずか3日後のことでした。

その電車は広島電鉄650系652号。被爆直後から広島電鉄の社員が懸命に作業を行い、復旧させたのです。力強く走る電車に人々は歓声を上げ、涙を流し、生きる希望を感じました。8月6日午前8時15分から始まった広島の復興。652号は、その道しるべとして人々に勇気を与え、当時の広島を支えました。

そして、652号は今日も平和を訴えながら走り続けているのです。

読み物

この被爆電車を題材にしたノンフィクションの物語が、WEB漫画として無料公開されています。作者は広島県在住の「さすらいのカナブン」さん。無料公開することで、この現実に起こった物語を広く伝えたいという願いが込められていると勝手ながら思うのです。

こちらよりぜひご覧になってみてください。

そして、どうかこの日本で起こった現実を知ってください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

広島っぷをフォローする