アヲハタ

SNSフォローボタン

広島っぷをフォローする

ah-top

アヲハタ株式会社は、広島県竹原市に本社のある食品会社で、缶詰やジャムを製造している会社です。アヲハタブランドで商品を展開しており、その中でもアヲハタジャムは、国内において誰もが認めるトップブランドとなっています。家庭用ジャムでは全体の50%を、低糖度ジャムでは実に70%のシェアを獲得しています。マヨネーズでお馴染みのキューピー株式会社と同母体で、キューピー・アヲハタグループを形成し、ジャムをはじめとするスプレッド関係の食品を手掛けています。
スポンサーリンク

アヲハタ株式会社について

アヲハタの歴史

ah-sougyou

photo by しゃかいか!(創業当時の旗道園の様子)

1932年、アヲハタ株式会社は、キューピーマヨネーズでお馴染みの株式会社中島董商店により、みかん缶詰用の工場として現在の場所、広島県竹原市に株式会社旗道園として創業されました。当時、みかんの缶詰は日本で初めて製造された商品として、世界中から需要が高まっていました。当時すでに柑橘類の生産では日本一の産地であった瀬戸内にあるこの地は、製造場所として最適で、ここから世界中へ向けてみかん缶詰が出荷されました。

当時の製造技術はまだ未熟で、加えて果実そのものの生産技術も今日のように安定しておらず、出来上がった缶詰の品質にはばらつきがありました。その中で、シーズンごとに出来栄えをチェックし、厳しい基準をクリアした最高品質のものに「アヲハタブランド」のラベルを貼っていました。これが現在のアヲハタ印の原型であり、高品質を自負するアヲハタの自信と誇りの表れでもあります。

また、みかん缶詰と同時に作られていたもうひとつの商品があります。それはオレンジ・ママレードで、これが後にジャムづくりへと進んでいく原点となっています。

その後、戦争の影響から解散を余儀なくされますが、1948年、新たな船出が可能となり、社名を青旗缶詰株式会社とし再出発します。その後、確かな製品づくりは各地で好評を博し、アヲハタブランドの缶詰は着実にその地位を確かなものにしていきました。

しかし1980年中頃に円が100円台となったことから缶詰産業は製造工程が成り立たなくなり、厳しい選択を迫られることになります。旗道園は、社名をアヲハタ株式会社と改め、脱缶詰に舵を切ります。その時から本格的に生産され始めた製品が「ジャム」でした。アヲハタの作るジャムは、それまでに培ってきた技術が存分に発揮され、その美味しさと品質の高さから瞬く間に日本中へ広まります。

そして今日、アヲハタはいつの日か日本一のジャム生産会社となり、その地位は他の追随を許さない確固たるものになりました。それは、先代から続く製品にかける熱い思いと、品質第一主義を貫いてきた信念が作り出しものに他なりません。

大正時代初期、中島董一郎氏がイギリス滞在中に、世界的に有名であったケンブリッジ大学とオックスフォード大学のボートレースをよく見に行っており、その際、両校の校旗がブルー一色で大変印象的であったので、「Blue Flag」”アヲハタ”をブランドイメージにしました。

事業紹介

ah-kodawari

photo by ASKUL

アヲハタでは、いつも時代に先駆けて商品開発を行ってきました。より日本人の口に合うように甘さを控えた低糖度ジャム「55シリーズ」や、時代のニーズに合わせた「カロリーハーフジャム」、健康志向の時代に向けた砂糖を使わず果汁の甘さを引き出した「まるごと果実シリーズ」など、様々な技術開発を行うとともに、顧客が求めるジャムのあり方を実現させてきました。

それに伴い、アヲハタだけが持つ製造技術も確立されており、他社に見られない高品質なジャムを作り出しています。アヲハタは「高品質原料調達技術」「缶詰技術」「フルーツ加工技術」「ゲル化技術」という4つの中核技術を有しており、これらのハード面と創業時から受け継がれてきた「アヲハタイムズ」とが合わさり、人々の食生活に美味しいジャムが提供され続けているのです。

毎日の食卓に欠かせないものだからこそ、確実で安心、そして美味しいものを作っていく。アヲハタはそんな会社です。

商品紹介

アヲハタブランド:アヲハタ

ah-55jam

photo by YouTube(毎日の食卓を色とりどりのジャムが飾ります)

アヲハタ 55ジャム

現代のニーズに合わせた低糖度のジャムで、アヲハタブランドの主力商品となっています。55ジャムは昭和45年に世界に先駆けて保存料を使用しない低糖度のジャムとして発売されました。以来、多くの食卓で愛され続け、国内シェアではトップを飾っています。「フルーツ感の向上」「すっきりとした後味」「香り戻し技術」「ユニバーサルデザインの瓶」などなど、常に新たな技術を実践しており、55シリーズは今でも進化し続けています。こちらは11種類の味を展開しており、毎日の食卓にも飽きが来ないラインナップとなっています。

アヲハタ 55ポーションジャム

55シリーズのおいしさをそのままに、一回使いきりの小分けサイズジャムです。ピクニックや日々のお弁当にはもちろん、ホームパーティーでパンの横に置いておくとおしゃれな感じですね。また、キャンプの時に瓶ごと持って行くのは重たいしかさばるからつい敬遠してしまう...そんな時にこれがあればとても便利です。

アヲハタ まるごと果実

砂糖を使用せず果実の甘みだけを最大限引き出した、体に嬉しいスプレッドです。果実のおいしさをそのまま詰め込んであるので果肉感もしっかりとあり、まるでフルーツを食べているような食感です。あとに残る甘さを取り除き、後味をすっきりさせることで一層の果実感が味わえるようになっています。

アヲハタ トラディショナル

創業時の味を再現した、アヲハタの歴史を詰め込んだ商品となっています。アヲハタは、みかん缶詰とママレードの生産から始まりました。当時の味を再現したこちらのママレードは、しっかりとした甘さと深いコクが特徴で、いわゆる「昔ながらのママレード」が味わえる逸品となっています。現在まで受け継がれたオリジナル製法のママレードを、ぜひお試しください。

アヲハタ カロリーハーフジャム

食パン一枚分、約20gの使用でわずか18kcalというジャム好きには嬉しいシリーズです。カロリーは抑えられていますが、砂糖の甘さに最大限近づけた製法により後味もすっきりとし、おいしいジャムに仕上がっています。香りも引き立ち、フルーツ感もバツグンです。毎日食べるものだから、少し気を付けたいとお考えの方にはこちらがおススメです。

アヲハタ アフタヌーン

お酒の入った少し大人向けのジャムです。ラム、ウィスキー、ブランデー、ワインなど、果実に合わせたお酒を配合することで、果実の芳醇な香りと味わいが引き立つ、「主役になるジャム」です。昼下がりのひとときを紅茶やスコーンと一緒にゆったり過ごしませんか?

アヲハタ 甘さすっきり

こちらは持ち運びに便利な小分けタイプのジャムです。27g入りが2つ入っているので、いつでも開けたての美味しさが味わえます。甘さ控えめタイプで後味がすっきりとしており、パン弁当の時にちょうど良い味わいとなっています。

アヲハタ スプレッド

子供たちに人気のこちらのシリーズ。お馴染みのピーナッツバターやチョコに加え、黒胡麻クリームなどもあります。ピーナッツバターは、煎りたてのピーナッツを90%以上使用しているため香り豊かな仕上がりとなっており、食パンに塗るだけでなく、料理や和え物の素材としても使えます。

アヲハタ 塗るテリーヌ

素材の味をいかした、パンに塗って食べるペースト状のテリーヌです。野菜との相性が良く、たっぷりの野菜とパンに組み合わせるとバランスのよい主食が手軽に作れます。また、パーティーシーンのオードブルにも使用できます。

アヲハタブランド:ヴェルデ

ah-spred

photo by blossom(食卓に並べるだけでも楽しい55シリーズとヴェルデシリーズ)

フレンチトーストのもと

まるでホテルの朝食のようなおいしいフレンチトーストがフライパンひとつで手軽にできます。通常のフレンチトーストは漬け込みの時間がかかりますが、こちらのシリーズはとても染み込みやすく時間がかからないため、忙しい朝のひとときでも慌てず作ることができます。フルーツと一緒にお召し上がりください。

ホイップ

こちらも子供たちに人気のシリーズです。パンにはもちろん、クッキーやワッフル、パンケーキなどのおやつのデコレーションにぴったりの商品となっています。太い線と細い線の使い分けができるダブルキャップ仕様になっているので、いろんな絵や文字を書きながら親子で楽しくおやつ作りなんていかがでしょうか。子供の成長に欠かせないカルシウムをたっぷりと配合してあるのも嬉しいですね。

トーストスプレッド

パンに振って焼くだけでいろんな味が楽しめるスプレッドです。大人向けのガーリックやチーズに加え、子供向けのメロンパン風スプレッドや人気のシュガートースト用スプレッドもあります。ひと振りで同じパンが大変身してしまいますよ。そんな楽しくおいしいシリーズです。

ディスペンパックジャム

ディスペンパックを片手でパコンっと割るだけで2種類の味が楽しめる手軽で美味しいシリーズです。イチゴとバター風味クリーム、チョコとピーナッツ、抹茶とミルク風味クリームなど、ぴったりの組み合わせが最初から入っているので、とても便利です。2種類のジャムやクリームが混ざることなく重なって出てくるので、見た目にもおいしい人気シリーズです。

アヲハタブランド:ランプ

ah-lamp

たっぷり使えるランプジャム

ジャム

こちらはお徳用シリーズとなっています。他のシリーズと比べて固形の少ない滑らかな食感で、ハチミツのようなしっかりとしたコクが特徴的です。ジャムサンドなどと相性が良く、パンにたっぷりと塗るのがコツです。昔ながらのジャムパンが食べたくなったら、迷わずこれです!

アヲハタ ジャムデッキ

ah-deck

アヲハタブルーが眩しいジャムデッキの外観

アヲハタ ジャムデッキのデッキ=DECKは、D=Discovery(発見)、E=Emotion(感動)、C=Creative(創造)、K=Knowledge(知識)という意味が込められてネーミングされています。ここは、もとの製造工場を改装し、アヲハタジャムのおいしさとを伝えるため一般に公開したアンテナショップ型の施設です。アヲハタジャムの特徴や取り組みを紹介するとともに、工場見学やジャムづくり体験などもできます。

「正直・信用・和」というアヲハタの社訓にもあるように、製造に関する様々な情報を広く公開することによって、その美味しさを伝えるとともに安心して食卓へ迎え入れてもらうための環境づくりの場となっています。

工場見学とジャムづくり体験は、予約がなかなか取れないほど人気で、その人気ぶりは2か月先の予約がすぐに埋まってしまうほど。ファミリーで、お友達同士で、カップルで、ぜひ参加してみてください!

詳しくは↓をどうぞ!

アヲハタ ジャムデッキ
アヲハタは広島県竹原市にある日本一のジャム生産メーカーです。「農産加工品の美味しさは、その原料によって7割が決まる」という考えより、品質...
スポンサーリンク

この記事をシェアする

広島っぷをフォローする