広島ラーメンとは?

SNSフォローボタン

広島っぷをフォローする

hiroshima-ramen

スポンサーリンク

広島ラーメンってどんなものなの?

広島ラーメンは広島県の西部地域で見られる醤油とんこつをベースとしたスープを使ったラーメンです。同じ広島県でも、尾道ラーメンや福山ラーメンなど、地域によって様々な違いがあります。ここでは、醤油とんこつスープを使った、通称「広島ラーメン」について説明します。

まずは何と言ってもスープです。醤油味のタレに豚骨や野菜などを煮込んだスープを注いで作ります。色はいわゆる茶色系で、わざと濁らせることによって味にコクが出るとともに、後味は意外にもすっきりとしており、飽きの来ない仕上がりのスープとなっています。ベースとなる醤油ダレには各店とも秘密があり、オンリーワンの存在を競っています。他県の有名店などに見られる非常にインパクトのある味ではなく、昔ながらの味で地元民の間では古くから愛されている県民食となっています。

麺は中細の麺が基本となっています(スープとの相性から別の麺を使用しているお店もあります)。中細をチョイスすることで喉越しもよく、ズルズルっと一気に食べ干せるようになっています。広島ラーメン店のお昼時などは、わずか10分程度でさっさと食べ終わって出てくるサラリーマンの姿が多くみられます(笑)

具はチャーシュー、ねぎ、メンマ、茹でたもやし、の4種類が基本となっています。広島ラーメンは非常にシンプルで、味の濃い煮玉子や海苔、漬物の類など、トッピングと呼ばれるものは一切入りません。これは戦後間もない頃に始まった広島ラーメンの姿を永遠に良しとする県民性から来ているのかもしれません。

広島ラーメンの歴史

広島は原爆による被害で広島市が壊滅した背景もあり、戦後の街に飲食店など無く、自然発生的に屋台が立ち並びました。その数は相当なもので、様々なジャンルの屋台が存在しました。後に広島風お好み焼きとなる「一銭洋食」も、この時に生まれたものです。

そんな屋台群の中に中国人が営むラーメン屋台がありました。そのラーメンの味に大変感動し、足げに通いつめ研究し究極の一杯を作り上げた日本人がいます。その日本人こそ、広島ラーメンの全ての源「沖稔」氏です。沖氏は、その味を以って自ら「上海」という屋台を立ち上げ、後に「段原食堂」という店舗を構えます。そして、沖氏の次男、沖誠治氏が新たに立ち上げた店が有名な「しまい」であり、この味こそがその後の広島ラーメンのルーツとなっています。「しまい」は現在でも営業しており、広島ラーメンの源流を感じる一杯を今でも食すことができます。

その後、しまいの味を中心とした醤油とんこつラーメンを提供する店が次々と現れ始め、その中の数店は今でも営業しており、そのいずれもが老舗有名店となっています。

広島でよく聞く”小鳥系ラーメン”とは?

「すずめ」や「つばめ」「ちゃぼ」など、広島の有名ラーメン店にはなぜか小鳥の名前がよく使われています。最近オープンしたお店ではなく、老舗と呼ばれる有名店に限られていることから、何か特別な理由があるのだろうか?と思う人も多いと思います。

結論から言うと、コレ、偶然なんです(笑)

広島を代表する老舗「すずめ」は、戦後の屋台時代では「寿々女」という字でしたが、その後ひらがなの方が親しみやすいということで「すずめ」としました。こちらも老舗の「うぐいす」は、初代店主が旧満州で日本料理店を営んでおり、その時の店名がうぐいすであったことから、帰郷後も同じ名前を使ったとのこと。同じく「ちゃぼ」にいたっては、中学時代の自身のあだ名からきているという…その他にも有名な小鳥系ラーメン店はありますが、その全てが「たまたま」だそうです(笑)

小鳥系とは、深い意図のもとにつけられたのではなく、偶然の産物だったのです。しかし、そのことごとくが有名ラーメン店として、多くのファンを持つ老舗になっています。広島の街をぶらっと歩いている時、小鳥の名前を持つラーメン店に出くわしたら入ってみるといいかも知れません。間違いなく「旨い」と思います。

老舗広島ラーメン店

ここではあえて人気店ではなく「老舗」にこだわって紹介したいと思います。それは、まずは広島ラーメンの王道を味わっていただきたいからなのです。広島の醤油とんこつスープの基本をまずは知っていただき、その味を今風にアレンジされた現在の人気ラーメンを食べることによって、「なるほど~」と思っていただけるのでは?と勝手ながら感じているのです。

  • しまい(創業1950年代前半)
  • すずめ(創業1940年代)※ 残念ながら2015年4月30日に店主の体調により閉店してしまいました
  • 陽気(創業1950年代後半)
  • 来頼亭(創業1948年1月)
  • うぐいす(創業1948年2月)
  • 上海総本店(創業1950年代)
  • 竹の家(創業1951年)


 ポイント  左上のメニューより店名を確認できます

スポンサーリンク

この記事をシェアする

広島っぷをフォローする